葬儀でのマナーはたくさんある

葬儀とは一体どういうもの?

一般的に葬儀は通夜と葬式の2日間に渡って行われます。

通常通夜は故人が亡くなった翌日に行われます。元々は遺族・親類・縁者が集まり故人を偲びながらロウソクの火を絶やさず夜通し行われるものでした。一節では釈迦の弟子たちが釈迦の遺体の前に集まり師の教えを夜通し語り合ったことが始まりとも言われています。
近年では夜通し行う通夜よりも「半通夜」が主流になってきたようです。僧侶の読経と焼香が終わり通夜振る舞い(食事やお酒)で参列者をもてなしたら終了となります。

葬式や告別式は通夜の翌日に執り行われます。通夜との違いは親族・知人など参列者が故人の冥福を祈り死者を葬る宗教的な儀式だと言うことです。そのため出棺・火葬まで故人との最後の別れが葬式に含まれます。
規模や参列者の数も式によってまちまちですが、昨今では家族葬など近親者のみで行われる場合もよく耳にします。

以上が参列者から見た葬儀全体の流れになります。

しっかりと通夜・葬式のマナーを意識しよう

葬儀は二日間ですが遺族からすれば家族が亡くなった悲しみにくれる中、目まぐるしい数日間の心労は想像に難くないですよね。
大事なことはマナーを持って心から故人を弔い遺族を気遣うことです。

通夜・葬儀とも服装は女性の場合黒か地味な色のスーツやワンピース、ストッキングは肌色か黒で。アクセサリーは涙を連想させる一連の真珠のみOKです。
男性は黒のスーツと白無地のシャツに黒ネクタイで黒い靴。ネクタイピンは不要です。

貴方が故人に近い関係ならばできるだけ通夜・葬式ともに参列するべきでしょう。関係に少し距離がある場合は都合が合う方だけで構いません。

香典は予め用意したことを嫌う意味から新札は避けます。不祝儀袋を袱紗に包んで受付で「この度はご愁傷様です」と挨拶をしながら相手から正面になるように渡します。

焼香や献花は宗教や宗派によって違いますが礼儀正しく心を込めて行えば必ずしも宗派通り完璧でなくても大丈夫でしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ